忍者ブログ

[PR]

2017年12月13日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

味覚障害と鍼灸

2006年10月26日
どうも、泰心堂の院長 藤井です。
お客様からの質問がありましたのでお答えしたいと思います。

味覚障害が鍼灸で治るのか?
改善するとは思いますが、難しい治療になります。
理由は以下

味覚障害にはいくつか種類がありますざっと上げると
1.薬剤性
 ええといわゆる副作用(薬害)です。多くの種類の薬を飲まれている方に多いですね。薬の作用によって亜鉛(Zn)の吸収障害が起こり味覚に変化がでます。
2.亜鉛欠乏性
 これは身体が亜鉛を吸収しにくくなっているか、または亜鉛、鉄分などのミネラル、ビタミンなど調整栄養素の摂取不足などから起こります
3.特発性 原因不明で一過性に起こることが多いそうです。
4.心因性
 神経が細やかな方に多く、ストレス社会では非常に増えています。仮面うつ症、不安神経症などを併発されている方に多いそうです。
5.風味障害
 味覚ではなく嗅覚に変化が生じた場合に起こります。
6.全身疾患によるもの
 代謝障害が多いのですが、腎障害、肝障害、糖尿病などによって全身のホルモンバランスなどが大きく崩れた影響で味覚神経にまで影響を与え、生じます。
7.口腔、唾液腺疾患
 舌炎、口腔乾燥症(ドライマウス)などをから起こります。一説には鉄分の欠乏症などからも起こるといわれます。
8.顔面神経など末梢神経障害
 これは味覚神経が顔面神経にあることから説明がつきます。何らかの原因で顔面麻痺や中耳炎などが起こりそれに近い味覚神経に影響が出てきて起こります。
9.中枢性障害
 中枢とは脳のこと。脳梗塞を含む脳血管障害などの影響で味覚中枢に影響が生じ、起こります。これは難治です。
10.遺伝子疾患
 これは遺伝子的な先天的な要素がなければおきません。

ああ、長かった。
まず味覚障害で疑うのは「低亜鉛血症」(血中の亜鉛が少ない状態)です。これは血液検査で分かりますので一度、病院で検査をされる事をお勧めします。これにより亜鉛欠乏と分かった場合、亜鉛のサプリメントの摂取で治る場合があります。

それで治らない場合が鍼灸の適応になるかですね。
実のところ、難しい治療、長い期間になりますが鍼灸で改善が見られることが多いのです。

何度か説明していますが、
1.鍼灸は自分の身体の中の力を使います。
2.鍼灸はバランスを整える、または現在のバランスをわざと崩す事によって本来のバランスを取り戻すことを助けます。

たとえば薬害の場合は、薬に頼らなくてすむ身体に整えていけば良い話ですし、身体を整えた結果、不足栄養素の吸収力は正常に戻ります。あとはちゃんと栄養を補給するだけです。

心因性などの場合もストレスは味覚だけでなくほかの場所にも出ていますのでそういったほかの場所の手当ても一緒に加える事で徐々にですがストレスに強い身体に体質改善していくことができます。
その他についても原因となる疾患に対して鍼灸を適応して体質を立て直していく治療を続けると付随して味覚障害のほうも改善していきます。

特に難しいのは中枢性と末梢性の神経障害。
顔面麻痺などでは鑑別が必要です。中枢性は難治です。末梢性であれば発症からの時間が短ければ短いほど鍼灸で顔面の機能を取り戻せる確率が高くなります。

ただし難しいと言ったのは、だいたいこれらの疾患が起こる人の身体は強く冷え、他の症状が発症して長く続いてから徐々に味覚障害が起きています。つまり、味覚障害とは病因の発生から非常に長い時間たってから起こっている枝葉の症状なのです。
それだけ身体は冷え、状態がこじれているのでそれを紐解いていくには一度悪いなりに固まっている現在の身体の状態、均衡(バランス)を徹底的に崩して、再構築する必要があります。

その身体のバランスが悪いなりに安定した状態を一度崩しますので、治療の途中で悪化したような強い反動が出ることがあります。その期間があるというのをきちっと認識して、治療に取り込めるかが根治に辿り着くか否かの分かれ目になります。

目安としては週一回、3ヶ月という期間で考えて、早ければそれで終わるし、冷えが強く、こじれている状態が深ければそれ以上の期間になることでしょう。

これは喘息などの治療も同じで、二月程度で発作が起こらなくなる人もいれば、身体の状態と生活によっては数年という単位で治療を続けねばならない人もいます。(アトピーなどは根が深く数年かかるの通常です。ですが二度と出ないもいるのです。)
それは西洋医学でも同じです。
ただ違うことといえば、薬や怪しげな栄養食品と違って「薬害はない」ということと「体質改善を図る」という根本治療であるという事ですね。
(アトピーはステロイドを塗ってもかゆみはとまりますが治りません。)

たしかに鍼灸は自由診療で一回5千円程かかります。しかししっかりと治したいと思い、継続する事で素晴らしい結果を手に入れている人がいるからこそ続いています。
もう、治らないとあきらめる前に鍼灸を受けてみませんか?

本気のあなたに本気で応えたい。

私たち鍼灸師は常にそう思ってお待ちしております。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: