忍者ブログ

[PR]

2017年07月28日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大阪の凄い先生の研究書

2010年12月21日
どうも、泰心堂こと鍼灸師 藤井崇次です。

ええとここ数年は様々な業務ととある失敗のリカバリーのために奔走していました。

勇み足と言うよりは大いなるうっかりで大迷惑をあちこちにかけてしまって当時は本当に気を落ちして、鍼灸師辞めてでも責任とらないといけないかも・・・なんてことも思っていましたね。
その失敗=例の件は実はファイルとして本ブログ上に未だに掲載しているのですが、最近、検索にも引っかからなくなりましたのでやっとご迷惑をおかけしないようになったかな?と思います。
お許しいただいた、先生、関係者の方にはただ、謝辞と感謝しか在りませんね。

・・・とま失敗のリカバリーの件を除いても、業務の方が忙しくなってきました。
宣伝広告から、配布する資料作り、仕入れ、予約の管理、治療計画、施術、・・・忙しくて、それ以前には隔月で参加させていただいていた大阪の講習会に出る時間も取れない有様です。

で、いろいろとチェック漏れがありました。

お世話になっていた大阪の大恩ある先生が研究成果をまとめて出版されました!

人体惑星試論奥義書 客観的診断と再現性ある治療を求めて

著者 新城三六
出版社 浪速社
仕様 B5判/約551頁/表紙・特殊ビニール装箔押し中黒透明パック/美麗ケース/豪華上製本
定価 24.150円(本体23.000円+税)(送料別途)
流通コード ISBN 978-4-88854-448-1 C2047 \23000

Amazonとか一般書店とかには流通していない模様です。
楽天ブックスやセブンブックスなどでは取り扱いが在りますね。私は、セブンブックスで注文しました。

取り急ぎ一冊。そのうちもう一冊入れようと思います。

今なら直接 新城針灸治療院&東洋虹彩分析協会 http://www.iris-club.com/ にアクセスして注文すると新城先生の直筆サイン付だそうです!!

新城先生は、臨床では、的確な診断と大胆かつ繊細な技、時には道具に頼らないという判断をする決断力を兼ね備えた小柄ですが非常に大きく見える先生です。そしてちょっとしたことを疑問に思える大きな好奇心とあくなき探究心とそれに対する実行力。

本当に素晴らしい先生です。

その研究成果をまとめた本の一つがこの『人体惑星試論奥義書 客観的診断と再現性ある治療を求めて』です。

鍼灸師必見の一冊になるのではないでしょうか?

私の年末年始はこの本とともに寝起きすることになるでしょう。
PR

New Angle、New Day プロジェクト

2010年11月09日
日常を変えようと思っても変わるもんじゃない。

そう思っていませんか?

どうも、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。
本職は本当にはり師、きゅう師で、泰心堂はりきゅう院を経営しています。とま、WEBから飛んできたらわかるとは思うんですが・・・アメブロとかは好き勝手書いているのでたまに熱いデジカメ特集とか、ちょっと気になるアレそれについて書いていたりして、本職なんですか?とよく言われるんですよね。

もちろん本職レビュワーも良いなとかは思うんですけどね。

さて、今日お話するのは、光学機メーカーRICOHのNew Angle、New Dayプロジェクト。

ここ → http://www.newangle.jp/

このプロジェクトはRICOHのデジタルカメラを使う人を通じて日常って不思議であり、そんな日常を気軽に切り撮ってみようというプロジェクトです。

私のお勧めは Creator's Angle 感性を触発する視点 のインタヴュー。
ああ、皆さん面白いこと言っているなと感じますが、特に読んで欲しいのが落語家の林家彦いちさん。

治療や養生に通じる表現が随所に見えて面白いですね。

ちなみにアメブロのほうでお客様とお話していたデジカメネタをアップしてみました。興味のある方はご覧ください。

泰心堂個人ブログ http://ameblo.jp/taishindo/

デジタルカメラの選び方 超近接撮影用カメラ

2010年11月08日
今回は、当院で行われている治療にはほんの少ししか関係在りません。

今晩は、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。
ご存知の方も増えてきましたが、泰心堂はりきゅう院を運営しています。

さて、今日はですね、お客様と意気投合した話のネタ。『写真』というよりも『カメラ』のお話。

『虹彩診断』を勉強されている皆様向けのデジカメ。

虹彩とは目にある文様なんですけど、それで病気がわかると『診断革命』(六然社 新城三六著)という本に記載が在ります。まさに目にうろこの情報ですね。
じゃ、虹彩を撮影できないか?と個人的に興味を持っているわけですが・・・なかなか用途に合ったカメラがないし、ライティングも難しい。

で、そこで見つけたのが、

PENTAXの OptioW90 

Amazon商品紹介ページ

PENTAX 公式

なにが凄いか?

『デジタル顕微鏡モード搭載』というのと『マクロフラッシュ搭載』というところです。
optio w90
※写真引用もとPENTAX公式サイト
レンズの周りの光点、わかりますよね?
これがマクロフラッシュ。近接撮影のうち超至近距離で画面いっぱいに画像をとる撮影方法をマクロ撮影と言うのですが、このマクロ撮影には大きな問題が在り、近接になればなるほど陰が出来やすくて画像が暗く(光量不足)なりやすく、ピントを合わせるのが困難であること。
なのでマクロ撮影をするには『ライティング』(照明技術)がとても大事なります。

ここでお話している『虹彩撮影』もマクロ撮影必須。ですが、どうしても目の近くで取ろうと思うと暗くなる。
・・・ということでわざわざ撮影用のフラッシュを自作されていらっしゃるツワモノノ先生もちらほら。

でも、これならば光量不足の問題は解消!!かなり便利なカメラです。

あとはEye-Fi対応のSDHCカードを組み合わせると・・・

カメラは三脚に固定したまま、画像は手元のPCまたはiPhone、iPodに転送という技も出来る。

無茶苦茶便利。
たとえば、虹彩撮影してすぐにiPadに転送。画像を表示しながらお客様と会話。細かな部分はタッチパネル操作で拡大して表示するなんて使い方も出来そうですね。
※iPadは持ってません。
※普段は背中など特異な反応がある場合、参考資料にする場合やお客さまご自身に確認していただくために画像を撮っています。もちろん外へ出すことについては許可いただいていないので門外不出。

なお、私がやっているのは個人的な趣味なので、理論・診断を含めた虹彩診断関連は『東洋虹彩分析協会』にお問合せください。
こちらには素晴らしい先生がいらっしゃいます。

私たちの仕事は、患者さんをイタズラに心配させることでは在りません。虹彩診断技術は非常に高度で専門的な素晴らしい技術ですが、それ故に気軽に出来るものでは在りませんし、誤診でいたずらに不安を煽ってもいけません。なので、本家本元の東洋虹彩分析協会でしっかりと学んでから使ってください。


前述のとおり私の場合は、趣味(治療法の研究)の一環として了解いただけた方に資料としての利用許可をいただいた上で撮影しており、尚且つ、虹彩を診た上での見解を述べることはしていません。
※虹彩診断することはちゃんとしたトレーニングを積んだ方がやるべきことで私は参考資料を集めているだけです。

という感じで個人的に面白いと思ったカメラの紹介でした。
ただし、このカメラは写真を作る方には向きません。理由は露出補正が使いにくいのとA、S、Mモードがないからです。

新聞記事から残念なお話。接骨院の害悪

2010年11月02日
読売新聞 2010年10月27日 夕刊 より引用
いつまであるかわからないので
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=32605 より引用。

以下引用

柔道整復師 食い違う請求

肩こりで施術 保険適用の「打撲」に

 接骨院や整骨院でマッサージなどを行う柔道整復師の施術について、会計検査院が約900人の患者を抽出調査したところ、6割以上で患者が申告した症状と、整復師側が医療保険で請求した内容が食い違っていることが分った。患者は、保険適応外の肩こりなどを訴えていたのに、請求では適用対象の打撲や捻挫となっていたケースが多数確認されたという。検査院は厚生労働省に対し、審査の厳格化や、請求基準を明確にするよう求める方針だ。

柔道整復師 ほねつぎ、接骨師、整骨師などと呼ばれる。柔道整復師に基づく国家資格で、東洋医学マッサージなどで、ねん挫や骨折脱臼などの回復を促す。

検査院調査の6割以上
 整復師の施術は骨折、脱臼、ねん挫、打撲、肉離れが保険適用対象となり、病院と同様、患者に代わって保険請求することが認められている。厚労省によると、2007年度の国民医療費は前年度比3.0%増の34兆1360億円だが、うち整復師の医療費(保険請求した施術費用)は、同5.1%増の3377億円と高い伸び率だった。整復師の養成所が近年増え、05年には約5万人だった整復師の資格保有者が、09年末には約6万7000人に増加しているのも一因とみられる。
 検査院が市町村などを通じて整復師の施術を受けた904人を対象に聞き取り調査を行ったところ、うち597人が、整復師の保険請求の内容と、自分の訴えた症状が違うと回答。保険適用外の肩こりなどを訴えて通院していたのに、整復師の保険請求では打撲やねん挫などと記載されていたケースが多数を占めたという。
 また、検査院が保険請求の多い16道府県で、約28000人の患者の保険請求の記録を点検したところ、施術の部位は1~2か所が一般的なのに、同じ患者への施術が3カ所以上ととされていたのが約1万8000人もいたほか、負傷の部位が月によって変わっていた患者が約9000人いた。
 日本柔道整復師会の萩原正和保険部長は「患者の訴えと、施術時の患部の判断の仕方が異なることや、患者の記憶が異なっていることもある。不正請求などが起こらないように、会員には厳しく指導している」と話している。
 整復師の療養費を巡っては、昨年11月に政府が行った「事業仕分け」でも、同じ患者への多部位の施術に対する保険請求などについて、仕分け人から「不正請求の疑念はぬぐえない」との意見が出ていた。
 厚労省は、今年6月から、3ヶ月以上の施術では給付率を下げるなど、算定基準を見直すと共に、9月から患者に対する領収書の発行を義務付けるなどの改善策をとっている。

以上引用。

ちなみに保険金詐欺に該当すると思われる。
そして仮に訴えられた場合、
主犯(主に罪に問われるもの)は『患者』(保険金を利用しサービスを受給したもの)。

柔道整復師は共同正犯(主犯と同じ程度の責任を持つもの)または教唆犯(主犯をけしかけ導いたことに責任があるもの)、従犯(主犯に従ったもの)となる。

ま、酷い法律構成ですよね。

ちなみに東洋医学マッサージは間違った表現。
もし、マッサージだとするのならそれは按摩マッサージ指圧師の業務範囲。柔道整復師が行うのは整復術、骨接ぎである。特に関節と関節との間の空隙を調節することを目的とする回復手技。

こうならないようにするためには、

1.保険が適用できる範囲を保健組合に確認しましょう。
2.自分の不調の原因が保健適用範囲内あるいは外であるかを認識しよう
3.治療内容を確認しよう
4.領収書をきちっともらおう
5.健康保険組合から送られてくる明細をチェックしよう

地道ですが、ここが大事です。
特に領収書については要チェック。支払い金額と券面額(領収書に書いてある金額)が違う場合はおかしい!と思って警察あるいは保健所に相談しましょう。
※保健所に確認するのは接骨院・整骨院の営業に関してチェックをしているところの一つだからです。

そして健康保険組合から送られてくる明細にチェックしましょう。
健康保険対象であれば、自己負担額、総支払額をチェックして、割合に応じているかをチェック。
健康保険対象外であれば、そもそも請求がないので、請求がないことを確認しましょう。
おかしい場合は健康保険組合と警察に相談です。

幕張海浜公園祭り2010

2010年10月14日
$話せて動けるはり師 たけしのブログ

かぼちゃ祭り終了しました。(笑)

今年の『幕張海浜公園祭り』は10日が雨天で順延となりました。
急な日程変更にも拘らず皆さんにご来場いただき、ただ感謝、感謝です。

$話せて動けるはり師 たけしのブログ

ClubMarvelousではインラインスケートの体験会とオリエンテーション、アグレッシヴスケーターによるデモンストレーション(演舞)そして参加自由のフリースペースセッション。

順延日は天候に恵まれ晴天の中で開催できてほっとしましたね。。

そのほかにも
$話せて動けるはり師 たけしのブログ

こんなことや

$話せて動けるはり師 たけしのブログ
こんなこともやっていました。

来年もまた、こういったかぼちゃランタン作りやピザ焼きそのほか、皆さんで楽しめる企画を盛り込んで幕張海浜公園祭りを開催していきたいと思います。

その際はぜひ、皆様でお越しください。

明日は幕張海浜公園祭り

2010年10月10日
 どうも、泰心堂ことからだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。

世間では三連休の中日だそうです。
うちですか?うちはお休み一日だけ。明日11日体育の日のみで通常営業。

明日は私も理事の一人として参加しているNPO幕張海浜公園を育てる会、そして趣味の仲間であるインラインスケートサークルCLUB MARVELOUSが参加する『幕張海浜公園祭り’10』が開催される予定です。

私もこちらのイベントに朝から参加予定なので明日11日はお休みになります。
一日外にいますので『電話は通じません』のでそのつもりでお願いいたします。メールは随時チェックしておりますので、ご予約、治療の相談など御用のある方はメールにてご連絡ください。

なお、よくチェックするのが次の順になります。

泰心堂はりきゅう院 メイン taishindo@festa.ocn.ne.jp
泰心堂はりきゅう院 サブ    taishindo.hari@gmail.com
泰心堂はりきゅう院 美容鍼灸用  taishindo.biyou@gmail.com
泰心堂はりきゅう院 美容イベント用 biyou.acu@gmail.com

全てチェックしています。

さて、明日11日の話ですが、当日は治療道具一式持参していきます。
そこで、泰心堂メインブログとアメブロ、楽天ブログをご覧の皆様 and 当日幕張海浜公園にお越しの皆様限定で当院の『てのひら鍼灸治療』の無料体験を実施します。

てのひら鍼灸治療とはベースは韓国の『高麗手指鍼術』というもので、そこに泰心堂の臨床経験からアレンジを加えたものを言います。

治療はてのひらが出ていればOK

次の手順で施術を行います。
1.私、身体のエンジニア 鍼灸師 藤井崇次を見つけてください。
※ClubMarvelousか実行委員に声をかけると見つかると思います。
2.症状をうかがいます。何が、どういう状態か、わかる範囲でお知らせください。
3.手のひらの状態を『ツボ圧し棒』でチェックします。
4.反応のある箇所に水性ペンでをつけます。
5.基本は簡易灸あるいは棒灸で「温かいから熱い」に変わるくらいまで温めて終了。
6.印を付けた場所が体調調整のツボになりますので帰ってからもしばらくお灸や棒灸で温めたり、棒状のもので圧したりすることをお勧めします。
7.当日施術または治療相談を受けられた方のうち希望者には後日、手のひら刺激方の冊子をプレゼントいたします。なお、デジタルデータになりますので送信先のメールアドレスをいただくことになります。


簡易灸。今回は台座の付いている右側のものを使います。
送信者 鍼灸

ツボ圧し棒。先端が丸くなっているので刺さりません。
送信者 鍼灸
これは腰痛治療の例です
送信者 鍼灸
こちらは血圧関係、胃腸関係の例ですね。
送信者 鍼灸
・・・とま、こんな感じで治療家らしいところも見せておこうかな?と思います。

興味のある方はどしどし参加ください。症状聞くのが上手く行くなら、1時間当たり10人近く施術できると思います。そうなるとお灸数百個持っていかないといけないかも・・・ま、そんなに来ないか?シークレット企画だし。

今年も『幕張海浜公園祭り』参加します!!

2010年10月07日
今年も『幕張海浜公園祭り』やります!!

毎年毎年、主催者側でお手伝いしています。今年は・・・本業の忙しさにかまけてあまり手伝いをしていませんが当日スタッフ参加する予定です。

幕張海浜公園祭りとは

『幕張海浜公園を、周知し、地域で公園を利用し、公園の利用の活性化と住民の交流活性化を目指すNPOの活動により、開催を許可されたイベント』です。

当日は主催のNPOはもちろん、地域で活動する様々なサークルや同好会、活動団体が様々なイベントを提供します。

もちろん、インラインスケートサークル 『CLUB MARVELOUS』も体験会やウォークラリーなどで参加します。

詳細はこちら ⇒ http://www.sodaterukai.com/index.html

インラインスケート関連はこちら ⇒ http://www.clubmarvelous.net

・・・とまあ、治療家以外の顔でした。

一応、立場では参加しているNPOの理事の一人だったり、インラインスケートサークルで活動していたり、インストラクター資格を持つ一人だったりもします。が、これは公然の秘密なので内緒にしてくださいね。

なお、当日治療道具一式持ち歩いている予定なので、調子の悪い方は私を見つけて声かけてください。

一応、今のところの予定では
10日 13:00~終了まで
11日 9:00~終了まで
いる予定です。

意外と私のことを知っている人は多いので、スタッフに『マーベラスのたけしさんいますか?』と声をかけていただけるとつかまると思います。
 | HOME | 次のページ »