忍者ブログ

[PR]

2017年10月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

治療時間が違う?

2007年01月26日
昨日(1/25)はお休みをいただきました。
おかげさまで・・・結局書類仕事をしていました。なかなか完全オフというわけにはいきませんね。

あと直近の休みの予定はというと・・・
2/4、11-12ですね。あと三週目か四週目に一日お休みをいただきます。
何故って?前半のお休みは治療院は休みでも別のところでお仕事ですので・・・治療家が体調崩して長期休暇ってのはお話になりませんので適宜お休みをいただくことにします。なにとぞご理解ください。

さて、『治療時間が違う?』
というのはよくお客様に言われることなんです。で、私、大久保の自分の治療院以外にも、母校である関東鍼灸専門学校(幕張)でも土曜の午後だけですが治療をしています。

で両方でお客様からよく言われるんですね。

「早いよね」と。

治療院で言われるのは他の治療院/治療家と比べての話ですが、治療時間は20分~60分以内ですね。
いや、だって身体のバランスを整えたら終わりですから。きちっと身体を整えれば無駄な鍼を打つことも灸をすえることもは必要ありません。
極論言ってしまうと10分で整ってしまえば10分でやめにした方が良いのです。ま、こんな短時間で整うことなんて現在の私の力量では極稀ですがね。

新規のお客様や、状態の詳しい話を伺いたいとき、あるいはどこまでが適用範囲でどこからは期待できないこと(不適応)なのかをきちっと話をしなければならないとき、などはすこし時間を長めに取りますが、平均すると30分程でしょうか?
実際問題として腰痛のひどい人に同じ姿勢30分もさせたら逆に痛くなってしまいますし、下手に置鍼をすると鍼が効いているのか、寝ているのが効いているのかがわからなかったりします。おまけに鍼を刺しておいてある間は皆様動けませんし・・・標本じゃあるまいし長い時間にわたるとあまりい気持ちはしません。(少なくとも私は・・・)
だので置鍼をするときも長くて5分ほどで変化の具合を確認して反応を追って必要に応じて刺激箇所を変えるなんてことをしています。

ま、こういった治療をしている関係で1時間に1~3人までしか受け付けられないわけですね。ベッドも2床しかありませんしね。

で、一方、学校の方ではというと・・・
周りに合わせてブースにいる時間が約1時間になるように調整しています。ごめんなさい。これは完全に時間調整です。

ええと内訳は世間話20~30分、症状について伺ったり検査する時間10分以内、判断する時間数秒、実際反応を追いながら刺激を加える時間15~20分ですね。

他の先生方は1時間半ないし2時間コースですから・・・
同じ治療室でこれだけ時間の差があると手抜きしていると勘違いされるので大変です。

とある先生(?)は「1時間もかけていたんじゃ時間かけすぎだよね。一時間越えたら1000円ずつ返したら?」なんて仰っていましたね。ま、確かに時間かけすぎですよね。

鍼灸の治療の効果は単純に『時間に比例するものではない』のです。
きちっとポイントを絞ることができると動作制限などは鍼一本トントンと鍼管と使って叩いて入れた瞬間に解除されたりします。
大事なことはきちっとポイントを絞って身体を整えることです。

もちろんそういった治療の要の一本あるいは一点を刺激するために搦め手として散鍼をしたり、置鍼や手技による刺激を加えて、その状態を診やすくする処置をしたりします。治療の大部分はこういった作業であり、本当に効かせる治療は、1~2本あるいは5分に満たない刺激でだったりします。

だので、皆様の身体に応じてその核心部分を刺激するために必要な手順というのが治療時間の長短を決めるものだと思っていただければ幸いですね。

また、鍼灸は即効的に感じられる、鎮痛効果や動作あるいは運動制限の解除といったものと、その後徐々に効いてくる身体の生理作用を利用した調整作用とがあります。この徐々に効いてくる部分も含めて治療になりますのでそのあたりも意識して治療の終了を決めています。
痛みは無意味に出ているわけではありませんので、そのあたりをよく考えてその場で取るべきか、きっかけを与えるに止めておくべきかを良く判断して刺激量を決めています。
特に慢性化した(長期化している)疾患は短期的に押さえ込むことよりも長期的にどのように変化していくかを追って生きつつ身体が適応するように調整していくことが大切です。
こういったことを勘案して治療の終了を決めさせていただいています。

時間が短いから手抜きをしているのではなく、実は逆に集中しているだけです。ご理解ください。

ご質問、治療の相談、ご依頼は下記までどうぞ

泰心堂はりきゅう院
〒275-0011 千葉県習志野市大久保2-5-7 大久保ハイツ103
TEL/FAX 047-404-5225
Mail   taishindo@festa.ocn.ne.jp
Web http://takefor.client.jp/
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: