忍者ブログ

[PR]

2017年10月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

疲れた身体、MCRで回復モードのスイッチ入れろ!

2010年01月14日
こんばんは、【話せて動けるはり師 崇次】こと
泰心堂はりきゅう院 院長の藤井崇次です。

ええと、先日お伝えしていたように、とある医療機器メーカーの方に新製品のデモをお願いしました。

デモをお願いしたのは、伊藤超短波の【AT-mini】(売価3万円ちょっと)

大きさはそうですね、ipod並みの大きさで、ポケットに入れて持ち歩いても気にならないくらい。
小さいだけに非常に軽くなんと50g!

これ、結構良いかも。

MCRはMicroCurrent=微弱電流のこと、もしかして略称はMicroCuRrentだからなのか?

さて、このMCRは従来の低周波治療器と何が違うか?

使ってみて気づく大きな違いは、従来型の「されている感」がないこと。接骨院・整骨院にある低周波治療器など、市販の肩こり腰痛のための低周波治療機は電流を流して筋肉を動かす感じが強くするのだが、このAT-miniはそれが全くないと言っても良い。

私自身はあのもまれる、圧される、筋肉が無理やり動かされる・・・そういった感じが好きではないので低周波治療機はNo Thank You!なのだが、AT-miniは違った。

あの不快な感覚がない。だからと言って、筋肉が動いていないか?というとそういうこともない、わずかではあるが確かに電流が流れている感触がした。

そもそもこのAT-mini、筋肉を電気的に動かすことによる刺激効果を狙ったものではない。MCRを使うことによって、自然治癒力あるいは自然良能、回復力が高まることで、疲労回復、組織修復などを狙うものだそうだ。

これは確かに電気刺激などにたいして繊細な反応を示すことが多い、アスリートなどには良いだろう。

あとはダイエットのためのトレーニングしている人にも是非薦めたい。

理由?

そうですね、ダイエットを始める人は身の丈にあっていないダイエットメソッドを選択する方が多い。実際、私の周りでも日ごろ運動しない人が【ビリーズブートキャンプ】をはじめて三日で膝や腰が痛くなってやめてしまった。そのまま続けていたら膝や腰を傷めていたでしょうね。

そういうときにこれ。重さを感じる部分、痛みを感じる部分にセッティングしておけば、その疲労や傷が回復しやすい状態になるので、深刻な障害を引き起こさなくてすむ。

どういう理屈かは今ひとつわからなかったが、これを使うと修復力が使用時間中UPするそうだ。

だので疲れたな~腰が重い・・・というときは腰の重い部分にセットして朝までスイッチON!



翌朝、腰が軽い!!

そういうことらしい。

しかもこのAT-miniのMCR、人体にやさしく12時間連続使用でも身体にダメージがたまらないそうだ。これはなかなか優れもの。

周りでスポーツをやっている人間やダイエットを始めた人たち、それから腰痛など痛みの治療に来ている方のセルフケア用に勧めてみようと思う。

・・・っと画像はまた今度載せますね。

今日はこの辺で。

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: