忍者ブログ

[PR]

2017年07月28日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ただいま新規ページ作成中

2009年01月19日
こんにちは。
【話せて動ける 院長】です。
昨日は、幕張海浜公園で千葉ジュニアペンギンズでアイスホッケーをやっている子達とインラインホッケーをしてきました。
はじめたばかりの頃からすると、スピード&テクニック、我慢強さが格段に上がったようにおもいますね。
あとはしっかりと状況を見て、力任せではなく、連携した攻撃、守備ができるようになると良いですね。

さて、【ただいま新規ページ作成中】ということで・・・

先日からご案内しています、【美容鍼】と美容鍼灸コース/オプションの紹介のページを作成中です。
専門用語オンパレードでしたら、既に資料はPCに入っていますのであっという間にできるのですが、それじゃ、皆様には伝わらない。
でも噛み砕きすぎてもようわからんくなる。

む~、こういうさじ加減は難しいですね。

ちなみに、美容鍼灸は抜群にいいです。ある意味、最強の美容ツールではないでしょうか?

世間では水分を吸着する性質を持つ【ヒアルロン酸】が流行っているようですが、あれは所詮異物です。
体内で自己生成されるといえども、それは自ら作り出してこそです。

ステロイドと同じですね。
ステロイドも身体の中で、副腎で精製されていて痒みを抑えたり、炎症をコントロールしたりと様々な場面で活躍してくれています。
しかしながら、アトピーなどでステロイド製剤を頻用すると外部から取り入れられると身体が勘違いして自己生成機能が低下してしまいかえって症状が重くなったり、外部投与に対して過剰反応を起こして悪化したりします。

ヒアルロン酸も同様でしょうね。外部から取り入れられると身体が判断したら、自己生成機能が低下し、結果として【乾燥】、【老化】が一気に進んでしまうのではないでしょうか?

実際問題として、医師法上のぞましくない海外サイトからのヒアルロン酸入り注射器購入の上での自己注射などが行なわれているようですが、これもニュースに取り上げられるように事故、あるいは副作用の問題が取り上げられています。
医師ならば、その後の処置も早い段階で行うことができるでしょうが、医学的な知識も経験もない素人ではね。
大変危険です。
おまけに注射は痛い。

その一方で、東洋医学は身体に残るのは刺激だけ。しかも刺激が身体の機能を刺激して反応を引き出してくれる。これはまったく自然な反応なので副作用はない。

しかも、安い!!

鍼灸は、WHOでも認められている、安全、ローコストハイリターンの代替医療です。
そのノウハウは書籍などの成立年代を信じるとしたら、実に三千年以上の経験知の集積です。

美容の問題についても確かに整理されたのは近年ですが、ヒアルロン酸注射などに比べて、その運用年数、症例数、研究報告などはるかに多い。しかも分析は東洋医学べったりから、筋学的分析など現代医学に依拠しているものもあり、また衛生の観点からもきちっとその運用方法が確立されている。

また、美の発信地とまで言われるアメリカはハリウッドでも女優、セレブリティが求め、ブームの火付け役になるほど。

ま、あまり誇張しすぎてもいけないのですが、安いっていう点だけ少し書いておきましょうか?

ヒアルロン酸注射 一回 約6万円(美容整形外科など医療施設)

巷の美容鍼灸 一回 1~2万円(パックやらトリートメント付き)

当院の美容鍼灸 一回 5千円(治療と併用の場合、治療費5,000円、オプション美容鍼+3,000円)

ヒアルロン酸注射をされる方は年間で18回ほど行なうそうで、年間費用は100万円近く掛かります。
鍼灸の場合、他院でも、月二回のペースでも年間24回、20万~50万ほど。

当院の場合、週1回ペースでも、月四回として、48回で24万ほど

ね、全然違うでしょう?

しかも鍼灸の場合、顔だけの問題などとは考えない。顔に問題が出ているのはもっと深いところに原因があるのだから、その原因にアプローチしようという考え方で【美容】の問題も考えます。

つまり、回数を重ねれば重ねるほど、もとから元気になれる!!

それが【美容鍼灸】最大の特徴ですよね。

こういった、鍼灸のよさを皆様にどうやったら知っていただけるだろうか?と頭を捻りつつ、2月の【癒しと美容鍼灸コース】のスタートまでもう少し頑張ります。


そうそう、明日から二月分の受付も始めますのでご興味のある方はご連絡ください。
連絡方法は、メール、メールフォーム、電話で受け付けております。

もちろん【疾病の治療】のための鍼灸も継続して行ないますので、肩こり、腰痛、神経痛、不眠、不妊、婦人科、めまい、自律神経失調、自己免疫疾患・・・様々な疾患でお困りの方もご相談ください。

最後までありがとうございました。

【話せて動けるはり師 崇次】こと、泰心堂はりきゅう院 院長 藤井崇次でした。


追申、皆様メールマガジンへのご登録ありがとうございました。まだまだ受付中です。お友達にも是非、ご紹介ください。


【メールマガジン】
話せるはり師 藤井崇次の~癒しと心と鍼灸と~
http://www.melma.com/backnumber_178057/
 
 qr_melma.jpg

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: