忍者ブログ

[PR]

2017年07月29日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はりきゅう院と健康保険に就いて

2008年05月01日
どうも、泰心堂です。
地元の方から相談を受けました。
症状自体はま、よくある症状でしたので対応できるのですが・・・

問題は【施術料】です。

昨今、【接骨院/整骨院】の乱立と本来、保険適用外の疾患に対して平気で保険適用にしようという業界の悪癖のおかげで非常に厄介な話が寄せられてきます。

接骨院/整骨院の保険適用に就いては
http://www.kenpo.gr.jp/hitachi-metals/hoken/sidou/jusei01/index.html
このサイトをご覧ください。

さて、はりきゅうでは保険診療が可能です。

接骨院で保険治療してはならない、【神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニア等の疾病からくる痛みやこり対して、医師の同意書があれば【療養費支給申請】という形で保険治療することができます。

逆に、それ以外のケースでは一切、保険治療できません。

で、本日の方ですが、ま、例の如く、保険でなんとかならんのかとかごねられましたが・・・適用疾患でないし、適用になる可能性はゼロではないものの整形外科で同意書を書いてもらえそうにない状態ですし・・・保険での診療はお断りしました。

ちなみに既往歴としてどうやら【頚椎症】があるようで、痛みの原因自体は話を聞く限りにおいて、【スポーツによる筋肉疲労、負傷原因が不明の筋肉痛】からくる痛みや痺れのようです。
どちらが影響しているにせよ、これは接骨院/整骨院においても健康保険適用疾患ではない。にも関わらず地元の接骨院では健康保険を使って900円で治療を受けているという。

なんで健康保険を適用しているのか、良識を疑う。個人的にはこの900円というのがその治療院の自由診療価格であると信じたい。

何故ならばこれが事実だとしたらこれは範囲外適用であり、健康保険組合及びその組合員に対する【詐欺行為】である。(ちなみに患者さんが保険でやってくれと言っていた場合、主犯は患者さんになる。)
こういうところをきちっと突っ込んで追求していただきたいと思う。

何度も書いているが、【患者さんのために】、【安い医療費】で何とかしたいのであれば、【自腹を切ればよい】。
保険適用にする必要など欠片もない。
患者さんのためと言って患者さんを犯罪行為に加担させてはいけない。

なんで、こんなことすらわからないのか?と思う。

また、鍼灸は高い!みたいなことも言われた。
だが、どうだろうか?
専門家が専門家としてサービスを提供するのである。

今日は正直な話、終わり際にちょっと嫌な気分になった。

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: