忍者ブログ

[PR]

2017年07月29日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱力系で行こう!

2008年04月28日

気分転換ちゃんとできていますか?
ON/OFFの切り替えはとても大事ですよ。

どうも、泰心堂です。
ええと明日は祝日です。久々の休日ですね。
・・・てGW中は祝祭日が連続していて、連休が取れる数少ない機会なのでしっかりと休ませていただこうと思っています。

この2週間は4/30、5/1、2と平常どおり、で連休明けの7日からまたいつも通り診療させていただきます。
要は29日、3~6日は休みますってことですね。

まとまった休みは久々なので部屋の掃除をしたり、買い物に行ったり、WAX掛けしたり、漫画本を含めていろんな専門書、雑誌、本を読み漁ったりしようかな~と思います。
あとからだのチューニングがてら幕張は海浜公園Dブロックにも出現する予定です。基本はインラインスケートのつもりですが、人数が集まれば突発的にワークアウトを行なうかもしれません。その辺はいつも適当なんで機会があえば一緒に運動しましょうね。

さて、【脱力系で行こう!】ということでお話するのはですね・・・良い姿勢ってのは疲れるってことです。
よく言われる良い姿勢。胸を張って背筋をぴんと起こし、きゅっとお尻に力を入れた姿勢ですか?あれって結構疲れるんですよ。
何せ、全身緊張させまくって姿勢を維持しているんですから、そりゃもう疲れるよな・・・と思います。

不眠症の方とかね、診てみるとこの緊張状態が非常に強く出ているんですよね。で、この緊張状態を緩めてあげると・・・「いや~あれからぐっすり寝られたよ。久々にすっきりした朝だったよ」なんて言われるわけですね。

ええ、もちろん身体のメンテナンスがてらに鍼灸治療ってのも良いものです。・・・というかそういう風に利用していただけるようになって初めて【未病】の治療になるんですよね。
ぶっちゃけた話、「なんか調子悪いな」って時点で東洋医学的には【既病】(既に病。造語です。<笑>)ですから。
未病を治すってのは本来は【健康管理の一環として取り入れる】ってことを指しているんです。
そう、思うと本職としては滑稽ですね、「東洋医学は未病を治す、旧くて新しい医術です!」と言いながら、そういう宣伝しようものならば法律で罰金対象。もう、笑うしかないですね。
しかも、見える患者さんの多くが、あちこち回ってどうしようもなく、最後の手段として・・・みたいな切羽詰った状態でお見えになる。
そういう現状で【未病を治す】ってうたっても実体とあっていないな~とつくづく思いますね。

ああ、脱線した。話を戻すとして・・・

理想的にはですね、日ごろの健康管理に私たちのような専門家が関わっていくことが理想です。そして自分で切りかえれない気分、精神的緊張、身体的緊張を専門家の視点からアプローチして解いていく。そうやってリフレッシュしてまた日々、意欲的に物事に取り組んでいく、疲れがたまりそうなタイミングでまた専門家に任せるというサイクル。
いや~そういったってなかなか・・・諸般の事情で難しいわけですね。

ま、そんなこんなで当院もお見えになった方に家庭でもできる体調管理方法を!ってなことで高麗手指鍼を実践してみた結果、役に立ったものの幾つかアレンジしてセルフケア方法として冊子に起こして配っていたりもするんですけどね。

さて、ま、それも面倒というめんどくさがりのあなた!
朗報があります。
それはですね、とっても簡単な筋の緊張の抜き方。

ずばり【揺らし】です。

ま、平たく言えば身体を前後左右上下に揺らしてあげる。例えばふくらはぎがパンパンに張っている。そのままにしておくと【こむら返り】とかおきるかもって感じ。そういう時はですね、片足を膝から少し上に持ち上げた上体で足先をゆらゆらと揺らしてあげれば良いんです。(足を振るって感じにすると強すぎるので揺らす程度)。しばらくやっていると筋緊張が取れ、ぷらぷらとふくらはぎの筋肉が程よくたるみます。
バランスに不安がある方は壁に手をつく、あるいは椅子に腰をかけたままやってみてください。

あと腰や足の重だるさであれば、ちょっとした段差(階段一段分もあれば十分)に片足を乗せ、反対側の足を浮かせます。その状態で浮かさせた足をぷらぷらと揺らしてあげてください。これで腰周りの緊張状態が変わってきます。

こういった動きは実は運動指導(体操教室)のほうで教えています。
興味のある方は、ご連絡ください。

・・・と今日はここまで。
あとはWAX掛けして帰ります♪

さ、明日は休日だ♪

※休診日はTELなどの連絡がつきにくくなりますので、連絡先入りのメッセージを残すか、メールまたはメールフォームからご連絡ください。後日改めてご連絡申し上げます。

※当院の公式WEBは【泰心堂】で検索するとヒットします。

泰心堂はりきゅう院 http:://takefor.client.jp/

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: