忍者ブログ

[PR]

2017年10月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末の予定&失敗談?

2008年06月25日
先週は予定に追われてしまい恒例ねたをすっぽかしてしまった泰心堂です。

ええと今週末の日曜日(29日)、現時点で予約が埋まりました。この日は早上がりをしますので11時以降の方は診ませんのでご了承ください。
土曜日はまだ空きがありますので、お早めにご連絡ください。

来週は月水の午後、木金に空きがあります。土日は早めに予約(午前のみ)ください。なお、来週の日曜日(7/6)は午後から講演会ですの終了しだいすぐに移動してしまいます。

さて、今日は失敗談という話で・・・経営上の失敗談の話をしましょう。
私もともと企業の営業兼務のSEでしたので、正直信じられない話ですが・・・

この業界って、【連絡なしのキャンセル】や【直前のキャンセル】、【不払い】などの問題が結構起こる業界だそうです。

そして実際に何件も経験していたりします・・・やはり私が甘いんですかね?
【連絡なしのキャンセル】は通常の商売であれば、力関係がイーブンならほとんど【取引停止】です。直前のキャンセルも頻発するようであれば同様ですよね。
事前予約をしておく、所謂、高級レストランの類の場合、正規料金と同額のキャンセル料が発生しますし、場合によってはこちらも【取引停止】になります。
※旅行会社はこれのリカバリーで相当ロスを出していますね。

でもね、うちの商売ってそういう目でまず見てもらえません。どういう目かというと、「ファストフードと同じ。」という認識ですね。

『お金を払えば出てくる』、『その場で言えば出てくる』

そう、思われている節があります。

また、施術を受けた後に「支払えない」と言われる方もいました。
理由としては
○生活保護を受けている
確かに生活保護を受けている方は手続きをすることによって【生活保護指定治療院】にて【自己負担なし】で治療を受けることができる可能性はあります。

ですが、当院は生活保護の指定治療院ではありません。またそう言って生活保護を受けていることを示す身分証を提示された方は未だいません。
当然ですが、正規の料金をいただきました。

○手持ちがない
中には、逆に電車賃を貸してくれという人もいましたね。さすがにあきれてものも言えませんでした。その中の一人は、あとで請求書を送りましたが、あて先不明で帰ってきましたね。

○保険治療にしろ!
同意書も何もありませんし、そもそも適用疾患ではなかったので、ばっさりお断りし、正規の料金をいただきました。その方は3回ほどで症状が解消したので卒業しましたね。

○医は仁術、慈善事業なんだからただにしろ!
むちゃくちゃな要求です。私はこの仕事で収入を得ています。労働に対価を要求するのは無茶な話ではありません。確かに医療は相手を思いやる、相手に心を砕く部分が必要とは思いますが、慈善事業ではありません。プロとして仕事をしている以上、対価をもらわないほうが失礼だと思います。
このむちゃくちゃな話をした人はどさくさにまぎれて逃げちゃいました。ただ働きですね。

これからするとキャンセルの方が幾分マシだなと思うんですよね。連絡なくとも事故じゃなければそれで良いですし、直前に急用が入ることもありえますしね。

なんかこう振り返ってみるといろいろと失敗していますね。
ただ、キャンセルの分を含めてちょっとシステムを変えようかと検討中です。
それでは♪
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: