忍者ブログ

[PR]

2017年07月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予約制にしたいわけ

2006年07月28日
ども、泰心堂です。
現在のところ泰心堂はりきゅう院は「予約優先」にしてあります。
状況次第ですが、将来は完全予約制にして急患のみ随時受け付けに変えようかと思っています。
(現在はいっぱいでない限り、随時受け付けております。)

接骨院、クイックマッサージなどと違ってなぜはりきゅう院て予約制のところが多いのでしょうか?

これはいくつか理由があるのですが、泰心堂では次の観点から予約制を取っています。
1.待ち時間を少なくする
2.治療時間を集約する
大きくわけてこの二つです。

随時受け付けの無制限にしてしまうと、病院や接骨院のように一時間も待たされたということになりかねません。待ち時間は非常にもったいないと思います。とくに鍼灸に来る皆様は待合室で談笑でもなんて気分にはなれないことが多いようですから。
ま、置いてある本についてはそのうち記述しましょう。

二つ目の理由は主に施術者側の理由でもあるのですが、皆様にとってもだらだらと長時間横になっているのは逆に負担になります。ですから必要な時間だけ必要な姿勢をとってもらうことにし、できるだけ短時間で集中して治療しようと思っております。
また完全随時受付にしていますと今度は人数をどんどん捌かなくてはならないという状態になり、せっかく来てくださったのに見落としがあるなんてことがおきかねません。少なくとも30分は専用に時間をとらなければ全身を診ることは難しいと考えます。(現在の私のレベルでは10分治療は無理です。)

ですからお一人の方に最大60分かけられるように時間を確保する意味でも予約優先にさせていただいているわけですね。

泰心堂はりきゅう院は現在ベッド2床体制で現在のところ一時間一人という形で予約を受け付けております。

この意味は次の通り。
1.急患に対する備え
2.治療中気分が悪くなるなどという状況への備え

もっとも2.はそんなにあることではありませんが・・・

基本は一対一で施術を行いますが、どうしても其の時間に二人はいることもあり、其の場合は若干異なる術式を用いつつ同じように最大限の効果をはかれるように調整していきます。(ま、私が倍疲れるだけですね)

さて、予約の方法は
1.電話による予約
2.FAX、メールによる予約
(メール、FAXの場合できるだけ時間の余裕を持ってお願いいたします。朝8:00にメールで9:00からというのは難しいです。翌日午前中までの分はできるだけ前日20:00までに送信ください。特にFAXは自宅の方に転送されません!)

私一人で受付から施術までやっている都合上、電話に出られないときがあります。そのときは留守電に「お名前、ご連絡先、用件」を入れてください。手が空き次第対応させていただきます。
またFAX、メールでのお問い合わせはこちらから折り返し、FAX、メール、または電話にて空き時間をご連絡し上げます。日中連絡が取れるようでしたら、電話番号もお書き添えください。そのほうが予約を承りやすいので。

また、東洋医学全般への質問、健康相談などはできるだけメールまたはFAX、郵便でください。空き時間を作ってできるだけ対応したいと思っております。

なにぶん、一人でやっていますので至らぬ点は多々あると思いますが、よろしくお願いいたします。

ああ、予約の方はできるだけ5分前には来院ください。駆け込みセーフでは落ち着くまで手当てできませんのでよろしくお願いいたします。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: