忍者ブログ

[PR]

2017年10月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

問い合わせの仕方?

2007年02月01日
どうも、泰心堂です。
はりきゅう院って怪しいですよね?
質問しにくいですよね?

そう思います。電話でご相談をと言われても・・・みたいなところありますよね。だから私のところはほかにFAX,メールでも相談を受け付けています。

先日、お客様に言われました。
「はりきゅうの効果で内臓疾患、婦人科などにも効果があると書いてあるところ少ないですよね?」
と。

一つは多くの鍼灸院というかはり師きゅう師がメディアを使いこなせていない為に情報配信が下手なんです。

私たち鍼灸師には『広告制限』というのが法律で課せられています。
だので新聞折込チラシ、看板など『不特定多数の目に留まる』ものに対しては『名称』、『連絡先』、『業の種類(はり灸など)』程度しか書いていけないことになっています。だので非常に情報配信が難しい業種であることは確かです。

一方で厚生労働省は『HP(WEBサイト)は不特定多数ではなく、情報を欲しいという特定の個人が自主的にアクセスするスペース(場)であるために広告には当たらない』という見解を示しています。
だのでこのように治療院のWEBサイトを作ったり治療日誌(ブログ)をつけたりすることはなんら問題ないわけです。もちろん個人情報の保護、守秘義務に関しては厳密に守る必要があります。

・・・とまあこういった鍼灸師側の事情はとりあえず放っておいて

鍼灸は基本的に『皆様の持っている力が発揮できるように刺激を通じて身体を整えるこ』とをその治療の方法としています。
つまり皆様の身体で自然な治癒が見込める疾患に対して効果が期待できます。
これが実に範囲が広いので『該当しないもの』をあげてみましょう。

1.緊急に命に関わるもの
2.骨折、脱臼など『整復』の処置が必要なもの
3.創傷(切り傷)

2.3.は説明するまでもないでしょう。ちなみに捻挫は適応症の一つです。

1.たとえば心臓発作が起こっている最中。これは非常に危険です。速やかに人工心肺装置など設備が整っている救急病院に運ぶべきです。また事故など身体を痛打した後の腹部痛で腹腔内出血が疑われるもの。これも放っておくと危険です。喘息発作のうち重度の呼吸困難を伴うもの、もちろん刺し傷(創傷)は外科の領域です。

これら緊急性の高い時は先ず『病院』を考えてください。これらのおさまった後、あるいはこれらが起きないように身体を整えておく意味では鍼灸治療は有効です。

では、これ以外では基本的に鍼灸治療を検討する余地はあるわけです。

しかしながら、何処へ行っていいのかわからない。

ごもっともです。
そういう時はお問い合わせください。

もちろん治療家によっては得意不得意というのがあります。ある治療院ではできないといわれても、別の治療院ではやりましょうという言葉をいただけるかもしれません。

さて、そういうときにどう問い合わせたら良いでしょうか?

相談の内容にもよりますが、次の項目をきちっと抑えていただければたぶん真摯に答えてくださると思いますよ。

1.お名前
2.ご連絡先
3.相談したい症状、病名がわかれば病名
4.ほかに抱えている病気、症状
5.長期の通院/入院をするような病気や事故の経験

こういったことを先ずメモに書き留めてからご連絡ください。
みなさん、だいたい慌てていらしてお名前を忘れたり、ご連絡先を忘れたりでこちらから折り返してご連絡差し上げられないことが多々あります。
とくに私のように一人で切り盛りしているものは施術の都合などで手が離せない時間もありますので、時間をみて電話を差し上げることがあります。是非ともお名前、ご連絡先は確実にお伝えください。

また、予約制のところは午前午後の終了時間前に治療の予定が入っていなければ締めるところもあります。ですのでお電話するのでしたら終了時間よりも1時間ほど前までに最初の連絡を入れておくことをお勧めします。そのとき時間がなければ終了後に折り返すなんてこともさせていただいております。

ある程度、情報を伝えたいという方は手紙やeメールというのも手です。自分の抱えている症状をしっかりと自分の言葉で書き留めることでどうしたいのかというのがこちらにも伝わりますし、具体的なアドバイスをしやすくなります。また、場合によっては知り合いの先生のほうへ依頼するなどということもしやすくなりますのでこれもかなり有効な方法ですね。

相談=治療というものでもないので気になることがありましたら遠慮なく相談されることをお勧めいたします。

なお、当院の連絡先、連絡方法は以下のとおり、治療の相談、ご依頼はお気軽にどうぞ

泰心堂はりきゅう院
〒275-0011 千葉県習志野市大久保2-5-7 大久保ハイツ103
TEL/FAX 047-404-5225
Mail   taishindo@festa.ocn.ne.jp
Web http://takefor.client.jp/
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: