忍者ブログ

[PR]

2017年07月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家庭での腰痛治療

2009年03月10日
今晩は、泰心堂です。
【話せて動けるはり師 崇次】として活動しています。
ええとそろそろ名刺もサンプルができます。
ついでに、家庭向けの冊子も。

家庭向けの冊子といえば、前回作った【セルフケア入門】の冊子は補充を作ったんですが、もうなくなってしまいました。
また患者さん向けに増刷しておかないといけませんね。

今回作っている【週末アスリートのための腰痛治療講座】と前回の冊子では使っている治療理論が違います。

セルフケアのほうでは【高麗手指鍼術】という韓国発祥の新しい鍼灸法をもとに実際に現場で使った処方を書きました。特徴としては手のひら、手の甲だけですべての治療を完結するというところですね。
これ非常に有効な方法で、海外からアクセスしてきた喘息患者さんも、この手を使った治療法で自分で喘息治しちゃいました。(爆)

もちろんこの方法も便利で使いやすいのですが、使うツボ数が多かったりととにかく気が短い方には向きませんね。

で、そういう気が短い人が多いのが趣味でスポーツをやる人たちですね。
よりわかりやすい方法で・・・ということで今回は使うツボを手足で最大40箇所に絞り込みました。
って指の爪際が一指で二箇所、手の指が合計10本、足が10本なので40箇所ですね。
実際に使うのはそうですね、今回は腰痛なんで2~3箇所、多くて6箇所くらいでしょうか?

そういう感じで構成しています。
もうすこしで形になるので、形ができたらいつも言っている幕張などで実際に見てもらって読みやすいか、やりやすいかをチェックしてみようと思います。

あとは写真だな~。

・・・ときょうはこのへんで。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: