忍者ブログ

[PR]

2017年07月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

刺絡の研究

2007年07月10日
どうも~泰心堂です。
「ブログって毎日更新しているんじゃないんですか?」
なんて早速患者さんに言われてしまいました。
この間、ちょろっとアクセス回数ってのを調べてみたのですが・・・ええとこの一年間で500回を超えるアクセスをしている方が何名かいらっしゃいました。どうやら通院している患者さんじゃないらしい。・・・あれ?

さて、さまざまな質問をいただきます。その中に
「『刺絡』ってなんですか?」って質問がありました。

ええとですね。刺絡ってのはですね、鍼灸の原型とも言える治療法で非常に効果的なものです。
数千年前の古典医学書にも『血の滞りがあれば先ずそれを取り去り、それから補ったり削ったりしろ』ってな類の記述があります。ああ、この『血』は東洋医学的な『血』(けつ)でなにも『血液そのもの』だけを指すものではありません。どちらかと言うと身体の深いところにある密度の高いエネルギーみたいな感じ?
これをなんも考えんとそのまま現在の鍼灸治療の順番に当てはめていくと・・・

1.血(けつ)の滞りの処置
2.蔵府=身体の力が弱っていれば補う
3.蔵府=体の力が強すぎるものがあれば削っておく
4.調和したかを良く診る。

ってなことを念頭において治療しろってことになります。
で、この『血の滞り』に対応する鍼による処置の一つが『刺絡』なんですね。

具体的には爪の際に少し鍼を刺して刺激しする方法と細絡ってのに鍼を刺し刺激する方法、皮膚の凝りや冷えなど異常部分に対して鍼をして刺激する方法とがあります。
使う鍼の形状のためにどちらも若干の出血を見ることがあり、そのために『止血法』を含めて刺絡術ということが多いですね。背中などでは吸角(吸玉)といってガラスの半球みたいなものなどを使って止血処理をすることがあります。

どんな症状に効果が期待できるのか・・・
適応は実に広く、肩こり腰痛、手や足の痛み、痺れ、神経痛、内臓の不調、自律神経の不調、白内障、緑内障、婦人科疾患・・・
ま、病院で言ってしまえば『総合病院で緊急に手術が必要と判断されるもの』以外ほとんどという鍼灸の適応から、出血すると止まらない状態と血液感染症の疑いがあるものをのぞいたものでしょうか。

重度のものでも多くが5~6回(だいたい2~3週間くらいでしょうか?そう言えば毎日お見えになた方もいましたね。)ほどの治療で変化が見られます。
即効性の高い治療の方法の一つですね。
(近年『自律神経免疫療法』<福田-安保理論>という形でお医者さんの中にも取り入れた人もいるそうです。)

出血することで本人に危険はないのか?
ええとこれはほとんどありません。事前に出血して止まらない状況があるかどうか確認してから行うようにしていますし、刺絡をして出てくる血は全体から見ると微量ですし、そもそも身体の機能として必要以上に出ないようになっています。言い方を換えれば身体が、その分は『要らないから』身体の外に出しちゃって良いと判断した分しかでません。

感染症云々についても同様で、術者、患者のいずれかに血液感染症が確認されている場合、疑われている場合は先ずやりません。また、使用したガーゼなどは焼却してから医療廃棄物として処分しています。また鍼はディスポで、吸角などは定められた方法によって適切に衛生処理をしています。

ああ、そうそう保険が利くか?治療費はどれくらいかかるかという話があります。
これは答えにくい問題の一つですね。

これは『鍼灸』、『健康保険』で調べれば解ることですので簡単に書きます。針灸でも幾つか保険が使える疾患があります。が、『医師の同意書』が必要であることと皆さん自身が保健組合に書類を提出することが原則になっています。この書類を提出すると審査のうえ各保険団体から皆さんへ一回に就いて数千円の療養費が支払われます。(後払い。償還払いという)

私のところでは初診料なし、5000円/回で施術しています。
(一部鍼の管理の問題で別料金のものもある。)
治療内容はというと経絡を用いた細鍼での全身的調整、必要に応じて患部に対する緊張緩和あるいは痛み止めの処置。全身的調整に刺絡が必要な場合、あるいは最初から刺絡治療がご希望の場合には刺絡を選択させていただくことがあります。

こういう場合は?なんてのがありましたらお気軽にご相談ください。
ええと予約状況ですが、今週は木、土、日(土日は午前中)にまだ余裕があります。

ご質問や治療のご相談、ご依頼は下記までお気軽にどうぞ

泰心堂はりきゅう院
〒275-0011 千葉県習志野市大久保2-5-7 大久保ハイツ103
TEL/FAX 047-404-5225
Mail   taishindo@festa.ocn.ne.jp
Web http://takefor.client.jp/
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: