忍者ブログ

[PR]

2017年07月28日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

振り向くと痛みが・・・

2008年10月02日
どうも、泰心堂です。

ええと本日紹介する例は・・・

「腰をこう回すと足に痺れるような痛みが奔る」っていう年配の患者さん。
ええとずいぶん久しぶりの方ですね。前回、お見えになってから半年以上経過。その間はというと海外にいたというのだから驚き。
しかも工事現場の監督兼現地の人の教育ですって。

う~む、こういう方が海外の経済成長にかかわっているんですね。
・・・にしてももう少し日本国内でそういう話がないのかしら?

症状としては身体を左回旋(左に右肩ををひねる)すると、右足(右太もも)の横から後ろにかけて強い痛みが出る。また、前日は立っているだけで足の踵が痛くなるので立っていることもつらかったとのこと。
再現痛あり。

この方は非常に身体感覚が優れた方で、痛みや違和感を訴えるポイントがこちらの検索する反応とほぼ重なります。
こういう患者さんは比較的楽ですよね。

今回はいくつかのテスト鍼をうち反応を確認した上でほかにとって置いた反応情報を元に治療方針を決定。
いつもどおり背中を整える間に今回はここという場所(臀部=お尻のある一点)に長鍼を一本さして置きました。

背中の処置、およそ20分。針を抜き、痛みが出る動作を確認してもらう。
訴えていた痛みがゼロとなり終了。その代わり膝下の腓骨の裏に沿って若干の違和感が出てきました。こちらは強い痛みが出ていたことによって忘れられていた痛みだと思いますが、今回は違和感程度なので様子見。
「心配ないと思います。明日以降、違和感が続いたり、痛みが出てきたら連絡ください。」といって終了。
私の予想であれば、これは身体回復するにつれて消えると思います。・・・前回がそうでしたから。

今回は局所に対する鍼が効を奏した例ですね。
いや~あっさり取れてよかった。

とま、報告はこの辺で。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: