忍者ブログ

[PR]

2017年07月28日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

簡便治療の効果

2009年02月12日
おはようございます。
泰心堂はりきゅう院 院長の藤井崇次です。
別名【話せて動けるはり師 崇次】として活動中です。

今週は日曜日が早上がり。昼から用事がありますので朝一番から数人の患者さんの応対をしたらちゃっちゃと移動してしまう予定です。

さてさて、本日のお話はですね。
とある男性患者の腰痛治療とただいま個人的執筆中の【腰痛治療】のお話です。

30歳代 男性

最近太り気味なのでジョギングして身体を絞ろうと運動を始めたら数日して痛みを感じた。そのまま放置していたら朝起き上がれないくらいの痛みを感じて、これはまずいと来院

主訴 右腰の痛み
原因 ジョギング
原病歴
初発2週間前、初発時はなれない運動をして疲労が蓄積したような重い鈍い痛み。その後、走るたびにズキズキと軽く感じる程度から強く感じるように変化。三日前起床時にズキンっと強い痛みを感じた。その後は普段歩くのにもズキンズキンと響くものがある。

既病歴 慢性腰痛のほか、特に記載すべきことなし
スポーツ歴 サッカー、野球、スキー、スノーボード、水泳

右足を着く動作のときに右腰に痛みがはしるとのこと。ざっと診たところ痛みのある箇所は右腰の背骨の近くで下。仙骨に近い部分の奥。ツボ名で言うと関元兪あたり。その上も腰椎1~2番目あたりまで左右差のある筋緊張が見てとれる。
いくつかのチェックして、【足の太陽経筋】と【足の少陰経筋】の異常と判断。

足の太陽膀胱経 至陰(第五趾外側、爪甲根部=つめ際から一分)と足の少陰腎経の穴の代わりに内至陰(第五趾内側、爪甲根部=つめ際から一分)から刺絡。
終了後、パイオネックスイエロー(商品名 円皮鍼)を同部位貼付。
以上で治療を終了した。

刺絡の時点で痛みの程度を伺ったところ、来院時を10として3。初回の治療としては十分なので時間的効果を期待して円皮鍼を貼った。

一週間後の予約を取ってもらい終了。

一週間後、来院時には痛みはわずかに残るのみ。同じ部位から刺絡をし、止めとして関係部位に刺鍼し終了。

今回は2回で終了した。


この治療で使った治療法は【井穴刺絡】と言い、爪の際にある経穴=井穴を使って体の調整を図る治療法です。
井穴を三稜鍼という特殊な針で刺すことで【気血のめぐり】をよくする針術で、三稜鍼独特の形状のため出血を伴うことが多い。今回は了解の上、井穴刺絡で治療した。

非常に簡便な方法でありなおかつ効果的なのでこの辺の応用をうまく指導しているスポーツ選手などにお話できれば・・・なんて考え、腰痛治療の冊子を書いている最中です。

今日はこの辺で。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: