忍者ブログ

[PR]

2017年10月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

顎関節症の治療

2007年03月23日
どうも、泰心堂です。
今日は治療相談と健康相談と書類仕事が中心の日となりました。
昨日は・・・治療と運動の仕方についての講義の日でしたね。

そうそう私、他の治療に比べて得意な疾患てのがあります。
それは何かというと『顎関節症』です。
ま、ここ以外のブログでも書いているんですが、『顎関節症』については本当治療期間が短いですね。
先日も診ましたがもう1~2回で良いかな?合計3回程度。
こんなにあっさり治るのって?

治ります。・・・というか実体験で今のところ治っています。

顎関節症てのは詳しくは専門書や歯医者、口腔外科に譲るとして、顎の関節付近に起こった異常に伴う症状ですね。
口が開きにくかったり、顎が痛くなったり、開けれなくなったり、閉じると痛かったりとなかなか本人はきつい症状のようです。

少し前にお見えになった方は、せっかくなんで写真を取らせてもらうんだったと後悔しましたが、口を開けると顎が明らかに右側にずれる。で噛もうとしたら痛みが出てしっかりと噛めないという方でした。

どうなったか?
鍼で刺激して5分くらいから「なんか顎というか筋肉というか動いている感じがする」と仰っていましたね。
10分後、口を開けると真直ぐに開いていました。やや痛みあり15分後しっかりと物をかんでもらいました。痛みなしです。
これで終わりにしても良かったんですがせっかくなんで全身に対する治療をして終わりました。
この方は結局3回で終わりましたね。

基本的にこの疾患は1~2週間の期間で診て偏りが大きい状態に戻っていなければ終了です。
たかが顎と思われるかもしれませんが、顎の開き方一つでも見た目の印象が変わります。
見た目という意味でも大事ですので違和感がある方は早めのケアをお勧めします。

ご相談はお気軽にメール、TELでどうぞ。
メールフォームも作ったんですけど、まだ動作チェックが終わっていないのでしばしお待ちを~。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: