忍者ブログ

[PR]

2017年10月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

広告と記事

2006年09月26日
広告には広告規制があり、書いてよいことが法律上決まっています。
施術料が書いていない」とよく言われますが、施術料は書いてもよいことに入っていないので書けないのです。
ですので泰心堂の個人の情報提供サイトをごらんください。

今回も広告部分は法律遵守ということで治療院名、営業時間、連絡先など基本事項に止めておきました。

さて、以前のオニオン新聞さんのときも取材記事があわせて載ったのですが今回も取材記事が載る事になりました。
内容は・・・こんなのでいかがでしょう?

「肩こり、腰痛から冷え、むくみ、顎関節症、慢性疾患まで」

「鍼灸ってどんなときに効きますか?」

(良くある質問ですね。)
「病気の治療から、疲労回復、肥満対策、美容など様々な身体の問題に効果が期待できます。骨盤調整、顎関節症の治療なども得意ですね。特に自律神経の調子に効果大。女性に多いひえ、むくみ、婦人科疾患などには抜群ですね。」(院長コメント)

やはり皆さんの関心は「どんなときに利用するのか?」「いくらくらいかかるのか?」ですよね。

鍼灸は身体が「なんか不調だな」から「明らかに不調」まで幅広く対応できますし、美容なんかにも効果があります。最近は鍼灸美容なんてカテゴリーまでできそうな勢いですね。

費用対効果で考えてもうちの場合、接骨院などで「毎日来てくださいね」と言われる腰痛症状でも一回施術してみて調子が崩れるようだったらもう一度一週間以内に来てもらってそうでない場合は念のため来週もう一回来てくらいで終わります。
接骨院/整骨院は通わせすぎです。
ちなみに料金体系は彼等の場合健康保険が使えますので一回一部位550円程度、で総額は本来なら1800円前後のはずなんですが実際は関連部位をとり部位数を増やしているところが多いので一回3~5000円ほどの医療費がかかっています。
総額でみたらよっぽど鍼灸の方が安いですね。

私のところは薬に頼りたくないと慢性疾患の治療におみえになる方と日ごろの健康管理(疲労回復)と育毛で来る方が多く、ご自身の健康管理の一環として定期的にお見えになる方が多ですね。

もともと鍼灸など東洋医学は日ごろの健康管理に使うのが最も良い使い方なのでこの方々は上手にはりきゅうを活用されていますね。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: