忍者ブログ

[PR]

2017年07月29日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美容と鍼

2006年09月12日
ども、泰心堂です。
何気に同業者にもチェックされているそうで・・・めったな事はかけない。なんてほんの少しだけ思いつつ、いつも通り書いてしまう今日この頃。

先頃、鍼灸師やエステシャンの中で「美容」を意図した鍼施術がブームのようです。ま、健康の上に美容が成り立つわけですから、鍼灸師が美容の領域に関わるという事は良い事だと思います。表面的な悩みはもとより、体の内側の変化による影響に対してアプローチができるからです。

ぶっちゃけた話・・・
「みなさん身体が辛いときに鍼灸って思っていませんか?」

別に辛くなくてもいいんです。鍼灸は痛みを取るだけが効果ではありません。むしろ施術を受けて身体の調整というか調律をしておくと、快適に日々過ごす事ができるようになります。
これは私が言っている「治る力を持った身体作り」ということですね。

治癒力が高い身体→健康に過ごせる身体。
健康であれば肌には適度な潤いとハリがあり、身体についての心配がないのでその分、表情も明るくなります。
そこに「美容」が乗ってくる。
これが健康的な美=「健美」という概念です。

インナービューティーとかアジアンビューティーとか言葉を変えて誤魔化しているきらいがありますが、何のことはない。治癒力の高い身体を作る事によって結果的に美しくなってしまうのです。

・・・つまり、はり師は単独で美容鍼だけに特化するというのではなく、全身的な調整ができてプラスアルファとして美容の分野に応用していくのが筋じゃないのかな?って懸念しているわけです。

といっても美容に特化した施術はよっぽどの要望がない限りやりませんし、やったとしても私が提供できるのは鍼術、灸術の範囲に留まります。

・・・というかいい体格した男性の施術者が「美容鍼いかがですか?」なんて言ったらビックリすると思いますが・・・
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: