忍者ブログ

[PR]

2017年07月29日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

身体のプロフェッショナルに・・・

2007年05月15日
「もっと商売っ気出しなさい」と相変わらず患者さんに突っ込みいれられている泰心堂です。
ま、ここに開院してまた一年経過していないのですから、そんなに焦ったってしょ~がないと思っていますし、できることといえば一つ一つ丁寧に治療するくらいですしね。
ま、焦らない焦らない。

さてと・・・
ええ~とプロになるのはどの分野でも大変です。
こういう私、某民間団体のですか、インラインスケートインストラクター資格とやらを持っていたりします。で、企業(某おもちゃ会社)からお金をもらって仕事をしたこともありますし、千葉県の関係するイベントに講師として参加したこともあります。
よってある種インラインスケートのプロだったりするわけですね。ま、レッスンプロなんで飛んだりはねたりなどの格好良いことはできませんが・・・

こんな遊びに毛が生えたもんでさえ、インストラクター講習見たいのに出て実地試験受けたり、で実際に活動して認知度上げておいたりなんて活動が大事です。
なかなか面倒です。

で、もちろん本職の『はり』、『きゅう』も国家免許をいただいてチャン登録しているプロです。
こちらも法律に従って三年間養成機関で学び、必要な試験をクリアしたわけですね。ま、その間にあちこちの先生、先輩方にいろいろと手解きしていただきました。
その結果、開業、開院して活動しつつけることができているわけですが・・・

ま、プロのになるのは大変です。

ただ、唯一誰でもプロフェッショナルになれそうなものがあります。
それは・・・

自分の身体のプロフェッショナル。

ま、健康管理というといきなりトーンダウンなんですが、
○どんなことができてどんなことができないのか?
○疲労を感じるのはどんなときか?
○どういうところに疲労の徴候が現われるのか?
○どういう動きをするとその徴候が現われるのか?

なんてこと知っていると早め早めに手が打てますし、同じことを繰り返さなくてすむようになったりします。

実はこれとても大事なことです。

治療者はいろんなこといいます。
「○○は良いですよ~」、「××したらだめ」とか。言ったところですぐクセや行動を直せるんだったらそもそもそんな状態になっていないわけですよ。
そもそも自分の身体のこと無関心だったからいざそうなって慌てているんでしょう?
だったらもっと自分の身体と向き合うように仕向けなけりゃ・・・と私は思います。

だから、これやったら痛みが治まるっていう痛み止めだけの針灸治療ってのはお勧めしていない。(痛みを抑えなければならない状況のときは別です。)治療を通して自分の身体と心の状態に目を向けるってのが大事。そのためには治療と治療の間に『自分で自分の身体と心と向き合うっていう時間』が必要なんじゃない?

ってな考え方で、治療間隔はできるだけあけるようにと調整していっているんですが・・・
「もうちょっと治療間隔詰めても良い?」と患者さんに聞かれる始末。

う~む、もうちょっと詰めておいた方が安心できるのかな?
でも治療という感覚で週1~2回が限度で3回以上だとかなり多いと思うんですけど・・・
予防という感覚なら10日に一度くらい?月に2~3回顏出せばかなり調子よく過せると思うんだけどね~。

なんか治るまで毎日と言った方が良いのかな?とさえ思ってしまいます。(言わないけど・・・)

それでは♪

さて、今週の状況は木曜午後、土日の午前に余裕がありますって、あれ?この間と変わっていないや。
来週の状況は・・・月、水と金の午前中ですかね?このあたりが狙い目ですね。

ご予約はお早めにどうぞ~ってのもなんか変だな。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: