忍者ブログ

[PR]

2017年11月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週は一部変則ですが、通常通り営業です。

2011年03月13日
どうも、からだのエンジニア 藤井崇次です。
みなさん、ご存知のとおり、泰心堂はりきゅう院の院長でもあります。

地震の影響は思ったより大きいようで、お客様の都合でのキャンセルを受け付けております。

そのため、今週につきましては随時、新規のお客様、飛び込みのお客様の受け入れが可能です。

鍼灸は、鍼と艾があれば施術可能な治療法です。
電気をほとんど使いませんので、輪番停電の影響も最小ですみます。

特に私の治療院は、私のマンパワーによる施術ですので治療の質の低下はありません。

急な事態で緊張で肩がこってしまった方、不安で胃を傷めた方などが既に本日来院しておりました。
施術を受けると、緊張がある程度解けるせいか、ほっとした顔で帰って行かれました。

こういう時に治療家の場合、治療をすること自体が、社会貢献になりますので、私は私の仕事を全うしたいと思います。

PR

地震一過

2011年03月12日
 どうも、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。
地震、凄かったですね。
私のほうは、本棚倒壊程度ですみました。
 
あと、サロンの壁紙の一部が剥がれているのが気になりますね。
ちゃっちゃか調査して、補修が必要なら補修して欲しいところです、
こんな時のために管理費と家賃払っているのですから。
 
さて、とりあえずの安全確認はできたので、今朝から治療院にこもり、各所へ連絡しております。
 
一応、携帯電話の回線制限は解除されているのですが。メールのほうが早いのでひたすらメールを売っています。
 
 
昼現在、私の知り合いの9割型は無事なようですね。
 
ああ、よかった。

治療院の方は今日から通常通り開けております。

眠れない、眠りが浅くて寝た気がしない方は、お灸を据えてますのでどうぞいらしてください。
土日は午前のみですのでご注意を。

本日は休院日

2011年02月21日
 おはようございます。
からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。

さて、本日は私のサロン 泰心堂はりきゅう院は久々の休院日です。

電話への対応は明日以降になりますので、連絡先とお名前を忘れずにお願いします。

メールは、taishindo.hari@gmail.com へお願いします。

本日は都内をふらふらしていると思いますので、スタバ、タリーズなどを探してみてくださいね。

2011WebSite リニューアル公開

2011年02月17日
どうも、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。
皆さん元気ですか?

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、私のサロン 泰心堂はりきゅう院のWEBサイトが2011年バージョンとしてバージョンアップして公開されました。

今回のテーマは、ビジュアル系

以前のサイトに比べて写真を増やし、デザイン自体はすっきりに変更しました。

HTML関連の機能自体も各種PCブラウザ、スマートフォンを意識してJAVAの技術を応用したものにとどめました。
また、WEBサイトとの右上に文字の大きさを変更できる機能をつけましたので、文字が見えづらいお客様はそちらをクリックしていただければ、大きな文字で表示されます。

ま、なぜか美容鍼灸サイトじゃなくて、本体、総合サイトのほうが先に公開になってしまいましたが・・・

美容鍼灸サイトも公開直前まで作りこんだのですが、「何か違う」という疑問が浮かびましたのでいったん作成を停止、総合サイトを作りこむ間に見直しをしていました。
現在は方向性も見えてきたので改めて美容鍼灸サイトを作りこもうと考えております。

そこで一つ、皆様にお願いがあります。

それは近年、外出、出張が増えましたので出先でメールをチャックで切るgoogleのgmailサービスを利用しています。
今回採用した予約メールならびに予約フォームもgmailの機能を利用しています。

その都合上、お客様側で『gmail.com』のドメインブロックを携帯メール、PCメールなどで行っていますと、こちらからの予約確認や返信メールが届きません。

携帯の方はご使用の機種の操作マニュアルを見て、ドメインブロックを解除してください。
またPCの方はご使用のメールサービスのヘルプを見て、迷惑メール設定の解除(gmail.comの付いているメール、もしくはtaishindo.hari@gmail.comのアドレスについて)またはドメインブロックの解除(gmail.com)を行ってください。

以上、お願いでした。

2011年WEBサイト作成

2011年01月13日
どうも、からだのエンジニア 藤井崇次です。

ええと今年も作ります。泰心堂はりきゅう院 公式WEBサイト。今年は2011年モデルですね。

先に『美容鍼灸』のほうを作ります。
現在、美容鍼灸は http://taishindo.kakurezato.com の方で情報公開しています。

今年はこちらを『視覚に訴える』サイトに生まれ変わらせると同時に、鍼灸が得意とする『病気の治療』だけでなく、生活の中でこういう風に役に立つんだよってところをアピールしていきたいと思います。

その結果、皆様の、健康的で楽しい生活の中に、私どもはり師、きゅう師が、当院 泰心堂はりきゅう院が、そして東洋医学:鍼灸が活用されれば幸いですね。

ちなみに、美容鍼灸関係が『taishindo』なのは、『泰心堂はりきゅう院』で行こう!と決め手からアドレスを取ったから。『はりきゅう専門』、『治療メイン』の方が『takefor.client』なのは「すべてはお客様のためにある」という理念であり、自戒でもあります。こちらは私が『出張専門』の鍼灸師として皆様の前に立つと決めたそのときにとったアドレスなのでコンセプトベースのアドレスになっています。

もちろん、こちらももっと見やすく、もっとわかりやすくしてきますので、ごらんの皆様、ご意見、ご感想、応援メッセージ、紹介などなどご協力、お願いいたします。

からだのエンジニア
はり師
きゅう師
泰心堂はりきゅう院 院長

藤井崇次

本日より

2011年01月06日
おはようございます。
泰心堂はりきゅう院は、本日2011年1月6日より仕事始めにございます。
懇意にしてくださるお客さま、そしてこれより縁のあるお客さま、どちらにとっても良いご縁となるように、はり師、きゅう師の本分を怠らず、磨き提示できるよう、本年も変わらず積み重ねていく所存です。

当院、泰心堂はりきゅう院 院長の私 藤井崇次はIT業界から転身した異色の鍼灸師としてごく一部で有名ですが、WEB上、メルマガ、ソーシャルコミュニケーションサイトなどでの鍼灸に関する情報提供、交換を通じて様々な方とご縁が在りました。

近くは習志野市大久保の地で、遠くはアメリカ、フランスあるいはドイツ、オーストラリアなど各国の日本人の方やそのご友人からも相談をいただくことも在りました。

そんな一都三県(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県)はおろか、海外からも出張・帰省の都合やらで訪れていただける当院。

日々の健康管理・維持、肩こり・腰痛をはじめとして各種のつらい症状、自律神経失調を含む原因の良くわからない症状を示す各種疾患・・・それらに対する『治療』を目的に『はりきゅう専門』の看板を掲げ活動してきました。
近年には、『三叉神経痛』、『顔面麻痺』、『歯痛』、『顎関節症』などの治療を通じ効果を確認した、『美容鍼灸』にも力を入れております。

特に美容鍼灸には思い入れが在ります。

「いいか、藤井。しけた面しているとしけた仕事しか取れない。いい顔でいい仕事、コレが基本。日ごろから良い顔を出来るように健康管理。営業の基本だ」

というのは、私が営業SEをしていたときの大先輩の言葉。私も会社人のときは恩師にお世話になったものです。疲れが込んで酷い顔をしていて、明日は大事な商談がある。そんなときには先生に電話をかけ予約を入れて施術してもらい、商談に臨む。そうすると不思議に話が進んだものです。
それは今も同じ。どんなに疲れていても、寝不足でも良い顔で居るようにとまずは自分で自分に鍼を打ち、灸をすえる。
その体験が、きっと皆様に還元されると考えています。

私が元気で、あなたも元気。

そんなWin to Winの関係と、鍼灸の効果と魅力そして感動を伝えていきたい。

本年は、より多くの方とご縁をつなげますように、宣伝・鍼灸の情報提供活動にも一層力を入れたいと存じます。

皆々様にも口コミ、書き込みなどご協力いただけると幸いです。

2011年1月6日 泰心堂はりきゅう院 藤井崇次拝

久々の美容鍼灸ネタ。 にきびの治療

2010年12月22日
どうも、からだのエンジニア 鍼灸師 藤井崇次です。

さて、忘れられないうちに久々の本職のお話。

今日は「にきび」のお話。
にきびとは尋常性痤瘡のこと。皮膚の炎症性疾患でアクネ、痤瘡とも呼ぶ。特に青年期のものを「にきび」と成人のものは「吹き出物」と一般的に呼ばれる。

ま、最近はどちらもニキビでOKですけどね。

原因云々はおいておいて、簡単に言えば『皮脂が多く分泌される部位にできやすい』。

つまり、顔面部において皮脂過剰分泌状態になって、皮膚常在菌が繁殖して起こる。

特徴として、オイリースキン(脂性肌)を持つことが多い。

予防というか管理には、適度な洗顔を指導されることが多い。

さて、薬云々は私たちの業務範囲ではないので、針灸でどうするか?のお話に傾けていきましょう。

現代医学的な処置を嫌う鍼灸師もいるそうですが、私個人は併用あるいは補助的に使うことをおススメします。

細かな説明理論とかは個別の鍼灸師に任せるとして、うちで診ている限りの話をしましょう。

パターンとして
1.生理不順のある方
2.脾胃の調子が悪い方
3.呼吸が浅い方
4.体が常時重い方

これが個別あるいは複合的に現れます。

単純なパターニングだと、皮膚の疾患なので肺・大腸経の疾患になります。尋常性ですので、慢性疾患扱い。

腫脹は火の象徴なので心実あるいは心包実。
なので相克の関係から肺虚、逆克で腎虚、二経の病床で脾虚肺虚

パターニングはいろいろ。
うちで使うパターンで多いのが、肺虚大腸実と脾虚胃実。

いずれにせよ胃実があるのでこれに対する処置を加える。

肺虚のパターニングだと

五行関係パターン 脾 兪土 太白 → 肺 兪土 太淵 (胃 合土 足三里)
共軛関係パターン 肝 絡穴 れい溝 肺 原穴 太淵

生理不順がある方の場合は、太白ではなく三陰交を使う場合もある。
いずれにせよ、反応があれば使うし、なければ使わない。

からだの調整は脈や触診、観察の結果や問診の結果、・・・などを総合して判断する。

その上で局所に対する処置を行う。

この場合、局所=にきび となりそうだが、実は違う。

局所 = ニキビを起こしている周辺の皮膚

ニキビに対する直接の刺鍼は避け、その周辺部位の皮膚に浅めに医療用の特別な鍼を置いていく。

これにより、からだがその周辺に異常が発生していることを感知し、正常な状態へ持っていこうと修復機能を発揮する。この機能が発揮しやすい環境を、東洋医学では脈が平の状態とか整った状態という。

この作用により、皮脂過剰分泌でオイリースキンであった局所が治療を繰り返すことによって異常であることが認識され、徐々にオイリースキンの状態が新陳代謝とともに解消される。

結果的に、雑菌が繁殖しやすい肌が改善され、にきびが作られにくくなる。

・・・ふ~、一息で書くのは疲れた。